鋸制作の主な行程等

              <材料について>

鋸の材料はもちろん鋼です。明治期までは玉鋼でしたが大正期になり洋鋼が輸入され
 多く使われました。 昭和期になって国産の安来鋼が主流になりました。
玉鋼は砂鉄をタタラ製法により鉄をかたまり状に取り出したもので、その形状から
 玉鋼と呼ばれました。 大半は出雲産。 この玉状から板状にするのは大変でしたので
手間をかけたもの = 良いもの」 という見方が今でも残っていますが
 事実は異なるようです。 刀剣などと違って薄く仕上げるのこぎりでは、わずかなムラも
 製品の善し悪しに反映するために均一の製品は出来なかったようです。
洋鋼を使うようになって、仕事は楽になりましたが高価でありました。 
国産の安来鋼は板状で安価で品質も良くなり安定した製品作りが可能になりました。
当然、鋸の価格も安くなり、広く普及する要因になりました。現在では上等の鋸の殆どが
この安来鋼を使用し、安価な品物は SK材を使っています。(気楽に使えます)
安来鋼は混入成分の違いによって 青紙、白紙、黄紙、緑紙 と呼ばれる種類があり、
刃物の種類によって使い分けられています。 (鑿や鉋の上級品は青紙です。) 
大工用等の上級品では白紙を使いますが、堅すぎて破損が多いために一般的ではなく
当こうばでは荒い力仕事に耐えられる 黄紙を使用しています。
玉鋼

           <数多い行程がありますが、大まかな行程をご覧下さい>

鋼切断

鍛造

  板状の鋼を切断機 (押し切り) にて大まかな切断の後

  スプリングハンマーにて鍛造

コミ付け   (左側)の元部に マ チ  (銘を切る部分)、 

  コ ミ (柄に入る部分) になるSC材(右側)を溶接

型切り   本体部分の形を 押し切り で形作る
目抜き   プレスにて目の形を作る 

  写真下は途中までプレスしたもの

  この後、「なま摺り」で熱処理前の目を作る

コミ曲げ

 マチ、並びに柄に入る部分(コミ)の形作り。

  コークス火にて焼いて曲げる。

  (写真は私がテレビにて紹介された際の画面より)

なま摺り

  焼き入れ前、一本置きに荒い鑢(やすり)で

  目を削り、大まかに刃を作る

ロール掛け

  

  <焼入れ前に圧延ロールにて板を平らにする >

    (平鎚で叩き込み、ならした後の処理)

 大まかにではあっても,焼入れ後に影響あり

焼き入れ   電気炉、又は重油炉で熱する (以前は炭使用)

   熱処理のページにジャンプ

(冷却)

  加熱した後、冷却油に素早く入れて冷やす、

  これが 焼き入れで 鋼の組織が急変する

      結果! ガラス同様状態です

なまし

  鋼内部組織の粘りを出すべく加熱して安定させるために

   もどし をする事により粘りが出ます。

    上の熱処理のページにジャンプ を どうぞ

荒狂い取り   熱処理終了時は他の刃物と異なり材料が薄いために

  かなりの狂いが出る

  中央部を叩いて延ばし、狂いを安定させる事が重要。

荒削り   グラインダーで削る

  以前は セン という刃物を使い、

  手仕事でで削っていた

中狂い取り  少しでも削ると狂いが出る為に仕上げまでは

 「狂い」 との戦い

中削り  刃側を均等に厚く、峰側は薄く、手元から先端部へ

  厚さを変える肉厚を決める

  現在はグラインダー砥石を使うが、以前は写真のように

  「銑(セン)」という刃物で削っていた

   明治21年に描かれた絵図内の「セン掛け」へ

上狂い取り

バフ掛け、つや出し作業前に、しっかり狂いをなくす

  写真は使用する 槌類

バフ掛け

  表面をなめらかにすべく粒度を  3度 替える

  粒度が細かくなる程に、火花は徐々に減り,なめらかになる

  最後に艶出し

仕上げ直し

  最後の狂い取り

  小さな切り出し鎚も使いますが、写真はその内の木製床の上で

   「ブチコミ」 (押さえ込み)

  使用時に木の摩擦を少しでも小さくしたい!

アサリ出し   目先を一本おきに叩いて曲げる

  写真左下のように“振る"事により隙間が出来て

  (木材に)切り込みがスムーズにできる

  焼きの甘い鋸では使用中にアサリが戻ってしまう

目立て

目立て依頼

目立て解説

 目の大きさに合ったサイズのヤスリにて、

 下刃、上刃、上目 を付ける

        
銘切り   タガネにて作銘を切る

 鋸鍛冶はそれぞれの銘を持っています

  中屋*****

 年代を追った各銘を紹介ページは星クリック

       (鍛冶 年表へ)

仕上がり

  仕上がりです。

  上から 腰鋸・改良マド鋸・マド鋸

右の写真は何でしょう?

 アサリ出しを終えた状態です.

 V字型の溝が通ります.

 縫い針を乗せて鋸を傾けると

 針は溝を滑り降ります!

 アサリの出具合が揃っているからです.

      撮影が上手く出来ません

      ごめんなさい

 右の写真は

 写真家・赤沼博志氏

 ご自分のスタジオにて

 撮影して下さった画像です。

絵図の中から 「セン掛け」

中屋保左衛門が喜多方の絵師 小荒井豊山に描かせた鋸鍛冶屋の仕事の様子を描かせた絵図

撮影が良い状態でなかったため、画像処理しました

会津鋸鍛冶屋の技術の優秀さを示す逸話として 幕末頃江戸で土蔵のかんぬきを切って盗む
土蔵破りが横行した際に 「閂を切ることが出来る鋸は 会津の中屋助左衛門作 に違いない」 
と製作禁止命令がでたそうです。

nakaya 2016

inserted by FC2 system